tantoのホームページへ戻る

3月

(29・月)


・底冷えのする寒さ。桜の咲く季節には寒気が入って、思いがけない寒さが訪れる場合があるが、今日はその「花冷え」とも呼ばれる日に当たるのだろう。

・ジャガイモの種芋3kg5列の植え付け。ジャガイモの植え付けは彼岸までに済ませるべし、との農事関連先人の言い伝えがあると聞いたことがあるが、少し時期遅れになったかな。しかし、昨年の日誌をひも解くと、「4月4日、3kg5列植え付け」とあり、収穫量はまあまあだったから、期待してイイだろう。
(25・木)


・初物「日向夏」が届く。毎年楽しみにしているモノのひとつで、温州みかんなどが姿を消すころに出回る初夏の味だ。りんごの皮を剥くように、ナイフで皮を薄く剥いて、黄色い表皮と果肉の間にある白い「綿」のような部分も一緒に食べるのだ。なかなかイカス味。伊豆地方では、「ニューサマーオレンジ」と称して売り出しているようだが、発祥地は南国・宮崎で、当地の特産品なのだ。

(24・水)



・横浜地方気象台は、桜(ソメイヨシノ)の開花を宣言した。平年より5日早く、昨年より4日早かったとのこと。横浜市の最高気温は17.3度。うららかな陽気に、淡いピンクの花びらがほころび始めた。相模原の桜も同様だ。

(21・日・春分の日)


  ・「暑さ寒さも彼岸まで」。暖かさも芽吹きも忘れずにやってくる自然の神秘さ、不思議さを感じるのがまさに春。春分や秋分は昼夜の長さは同じで、太陽は真東から出て、真西に沈む。気候も良い。春の農業が忙しくなる前と秋の農繁期が終わるころに、骨休めも兼ねて先祖のお墓参りをすることを考えた昔の人の知恵に感心する。

(20・土)


・たくあんが樽の底を打ち、食べ尽くした。ほぼ3ヶ月の間、おいしく堪能した。自己流たくあんの作成方法は次のとおり。
......(漬けこみ年月日:平成10年12月29日、材料の調合:きれいに水洗いした大根13kgを樽に隙間なく積み重ねる。この大根の量に見合う調味料として、塩650g、砂糖730g、酢730gを、黄色くドロドロになるまでボイルする。この熱いドロドロ状のものを、大根の上にザブンザブンとかける。その後、大根の重さの3〜4倍ある重石を載せる。一晩で水がたっぷり上がってくるはずだ。1週間後くらいに食べるのもオツな味がする。)

・桜・ソメイヨシノのつぼみもふくらみを増して、いよいよ開花宣言も間近いことだろう。

(19・金)


・鉢物・かえで、もみじ、楡ケヤキの芽吹きが勢いを増して、薄緑の色を日増しに濃くしてきた。季節に歩みを合わせた生命の営みに出会うと心が弾む。

(14・日)


・横浜三ッ池公園!!“全国桜の名所100選”にも選ばれている公園。桜のつぼみはまだ小さくて硬いが、約30万屬塙大な園内に咲き競い、大きな池の水面に映る姿は想像に難くない。

・早春の風に吹かれて、こぶしの花が咲き出す。花は、ほぼ北を向いて咲いている。太陽の光はつぼみの南側にあたるから、南側が膨らんで北側へ傾くためだそうな。だから、こぶしは北を目指す“磁石の花”とも呼ぶという。

(13・土)


・ ネギ移植。とりあえず4列だけとしたが、あと1〜2列作るとするか。

・ 緑化センターで購入したタマネギの苗100本の植え付け。この時期遅れの植え付けで大丈夫なのかと、センターのおやじサンに問いただすと、肥料を少し多めに施せば、ソコソコの大きさのタマネギが出来るヨとさ。秋に植え付けをサボっていたから、イイ作品が収穫できれば、これ幸いだ。

(07・日)


・草取り完了。一面がきれいになった畑を見渡すと気分は最高!

(05・土)


・春一番。啓蟄。

・強い南風に、地中の虫さん達もびっくりして這い出して出てきたのではないか。日本海にある低気圧が発達しながら東北東に進み、これに向かって南から暖かい風が吹き込んだことによる現象だ。最大瞬間風速24.7m、最高気温は4月中旬並みの17.6度まで上昇(東京)。昨年より9日早い春一番だそうな。

・ひばりが空高く、ピーチク・パーチクさえずりはじめた。春先のこの時期に、畑仕事をしながら楽しめる例年の光景ではあるが、風に立ち向かって羽ばたきながら、地上の我が家である巣を天空から見守っているのだろう。それらしい棲み家を見つけることは出来ないが、おそらく人間ドモの手の届かないところにチャッカリ巣作りしているのだろう。それにしても、のどかで、楽しい風景ではある。

(01・月)


・ 春の訪れを告げる奈良・東大寺二月堂のお水取り(修二会)が本行に入った。午後7時炎の行事「お松明(たいまつ)」がはじまり、行に向かう僧たちの足元を長さ6〜7mある大たいまつの火が照らし出したのだそうだ。

・昨日に続き、畑の草取りにトライ。9:30〜12:30、昼食をはさんで、1:30〜5:00と実働6時間30分の久しぶりの集中労働。おかげで、大分はかどった。あと半日2回で終わりそう。